父親が集めていた切手の買い取りを頼んでみました

ある日押し入れを片付けていますとアルバムのような物が出てきたので中を見てみますと大量の切手が収められていて少し考えてみると恐らく亡くなった父が昔集めていた物だと思い出しました。
このまま取っておいても使い道もありませんので申し訳なくも買い取りに出してみることにしました しかし何処で売ればいいかは分かりませんのでネットで調べてみたところ結構色々な買取サイトがあるもので一応何処で売るか吟味しつつ価値などを多少は調べてみました 
現在では利用価値は無いに等しいので単純にコレクション性と希少価値が無い限りは値段は付かないみたいです【付くものでもシートであることや汚れがない等結構上下が激しいみたいです 売られていた時代もかなり古いものが多いです】
恐らく売りに出しても値は付かないだろうとは思いましたが万が一に期待して評価が良かった宅配買い取りのお店に送ってみました。
数日ほどで査定結果がメールで送られてきました結果はと言いますと価値はありませんでした
希望するなら定額【切手の定価】での買い取りは致しますとの事でした
世の中甘くはありませんでしたね ですが色々勉強にもなりましたしいくらかにはなってくれましたので良い事だったのではと思っています
その後も調べてみたりしていたのですがどの道父の年齢から考えても価値のある切手を集めていた可能性はほぼ0に等しい事が分かりました【年代が若いので】
結局のところ趣味のもので価値を求めるのは野暮だったのかもしれませんね。
おおよそで価値のある切手をまとめますと
価値のある切手は少ない 美品やシート保存が基本 海外や地方限定の記念物に多い
凄く古い記念の物が多い【戦争系や年号に施設や自然物など】 
以上が自分が切手を売った時の体験とその時に知った切手の価値のまとめでした
この記事がお役に立てば幸いです